2011年09月28日

二日酔いと胃粘膜

 二日酔いと胃粘膜には密接な関係があります。
二日酔いの症状として胃痛や胸焼けがあるのには、アルコールの大量摂取によって胃に刺激が与えられるためです。
アルコールの分子は小さく、胃の粘膜を通り抜け、胃に直接刺激を与えるため、
胃の表面が炎症を起こし、胃痛が引き起こされます。

また、アルコールは胃粘膜を刺激し、食べ物を消化するための胃酸の分泌を促進します。
アルコールによって弱った胃粘膜は胃酸の影響を受けやすくなり、
胃酸の分泌が活発になると、胸やけや胃酸の逆流のような症状が起こります。

予防策としては、一気飲みを避け、お酒を飲むときに良質のタンパク質を一緒にとり、水分補給をすることが挙げられます。

解消法としてはやはり胃薬がおススメです。

健康な人でも加齢によって胃粘膜は萎縮する事や胃運動の低下は有名です。

胃はデリケートな臓器です。
お酒を飲むときは、二日酔いで胸焼けにならないように体の事をいたわるようしましょう。

今話題の黒にんにく。各種豊富に取り扱っています!

posted by 二日酔い at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

二日酔いと熱中症

 二日酔いや睡眠不足は脱水症状を引き起こし、熱中症になりやすいと言われています。
場合によっては死に至ると聞いては放っておけませんよね。。

熱中症は、
熱痙攣→失神→熱疲労→熱射病の4段階があると言われていて、
最終段階の熱射病は汗が出なくなり、体温が上昇し、非常に危険な状態です。

また、極度の脱水症状は脳の血流を滞らせ、脳梗塞が引き起こされやすくなります。
一般的に、体温が40℃以上を超えると
意識障害に陥ったり、臓器不全になると言われています。

そんな危険な状態にならないためにも、水分補給が重要となります。
その際に注意していただきたいのは、冷たい飲み物を一度に大量に摂取しない事です。
発汗による塩分不足を補うためにも、スポーツドリンクを飲むといいと思います。

なによりも大事なのは、
体調を十分に整えている事です。
二日酔いや睡眠不足のまま炎天下に出たりする場合は要注意です。
体に疲労感や倦怠感、めまいがある場合、二日酔いの時は、
無理せずに、作業量を減らしたり、状態によってはやめる事をおススメします。

体調に気を遣いすぎることなんてないと思います。
むしろ気を遣いすぎるくらいがちょうどいいくらいかもしれません。

熱中症になりやすい方は、まず二日酔いにならないようにしてください。


こんな商品も二日酔いに効果的!
http://229346.jp/
posted by 二日酔い at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

二日酔いと下痢

 二日酔いの症状で下痢があることをご存知でしたか?
あまり有名ではなさそうですが、下痢の症状に悩まされるのは誰でも嫌だと思います。

お酒を飲みすぎてしまった翌日にお腹の調子が悪くなって、トイレに行ったら下痢だったなんて方も少なからずいるでしょう。

なぜ、お酒を飲みすぎると下痢になるのでしょう?

下痢の主な理由としてストレスが知られています。
精神的ストレスによって腸の蠕動運動が激しくなり、水分が吸収されきれずに直腸に流れるためだと言われています。
緊張してトイレに行きたくなるのもこれに近い現象だそうです。

また、下痢の理由として有名なのが膵臓疾患によるもので、二日酔いによる下痢はこちらに含まれるそうです。
これは腸粘膜の水分の吸収が妨げられることで下痢が引き起こされるとされていて、
二日酔いの場合、アルコールの成分によって膵臓の分泌が鈍り、
分解されるはずの脂肪が分解不足のまま大腸に送られ、
水分の吸収が妨げられ、慢性膵炎やアルコール性肝障害を引き起こし、
消化吸収不良による下痢が起こるのだそうです。

ビールを飲むと下痢になりやすい方は、
ビールに含まれる成分が腸官内に大量の水分がたまる為だと言われています。

要は、水分の吸収不足によって体内をそのまま流れるために下痢の症状が起きるということですね。
こればっかりは飲む前に吸収を促進する薬品を飲むか、飲む量を少量にするかしか対策のしようがありません。

お酒を飲むと下痢になりやすい... なんて方は、
飲む量を控えてみてください。

こんな商品も二日酔いに効果的!
http://229346.jp/
posted by 二日酔い at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。