2011年09月28日

二日酔いと胃粘膜

 二日酔いと胃粘膜には密接な関係があります。
二日酔いの症状として胃痛や胸焼けがあるのには、アルコールの大量摂取によって胃に刺激が与えられるためです。
アルコールの分子は小さく、胃の粘膜を通り抜け、胃に直接刺激を与えるため、
胃の表面が炎症を起こし、胃痛が引き起こされます。

また、アルコールは胃粘膜を刺激し、食べ物を消化するための胃酸の分泌を促進します。
アルコールによって弱った胃粘膜は胃酸の影響を受けやすくなり、
胃酸の分泌が活発になると、胸やけや胃酸の逆流のような症状が起こります。

予防策としては、一気飲みを避け、お酒を飲むときに良質のタンパク質を一緒にとり、水分補給をすることが挙げられます。

解消法としてはやはり胃薬がおススメです。

健康な人でも加齢によって胃粘膜は萎縮する事や胃運動の低下は有名です。

胃はデリケートな臓器です。
お酒を飲むときは、二日酔いで胸焼けにならないように体の事をいたわるようしましょう。

今話題の黒にんにく。各種豊富に取り扱っています!

posted by 二日酔い at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。